専門の業者に依頼することで本格的な雨漏りの調査が可能。

もしかしたら雨漏りしているかも・・・そんな時は迷わず調査!

雨漏り調査は自分で行なえる?~住宅の状況確認~

作業員

長年住宅のメンテナンスを行なっていない場合は、気づかないうちに雨漏り被害に遭っている可能性が高いです。まずは自分の目で調査して状況に応じて雨漏り修理を行なうようにしましょう。

自分で行なえる雨漏りの調査方法

雨漏りの調査を簡単にできる方法を紹介します。いつでも簡単に自分で行なえるため、是非試してみてください。

目視では屋根材の破損や、屋根裏に入って雨によるシミやカビの発生がないかを確認します。散水では、雨漏りしそうな箇所にホースで水を撒いて、どこから雨漏りしているのかを特定することができます。

雨漏りのチェック箇所

雨漏りのサインは家の外観や内観に現れます。そのサインに一早く気付くことで、雨漏りの被害が拡大するまえに手を打てます。

外観の場合
自分の家が雨漏りしているかどうかは、家の外観をよく観察してみると分かります。例えば、雨漏りしやすい屋根の場合、スレートや瓦にヒビが入っていたりずれたりしていることがあります。他にも、コーキングが剥がれていたり棟板金が浮いたりしていると雨漏りしてしまう可能性が高いので注意しておきましょう。
内観の場合
外から雨水が浸入してくると、家の内装にも影響が出てきます。よくある症状として、天井や壁のクロスが浮いてきたり、クローゼットでカビが発生したりといったことが挙げられます。他にも、サッシ部分に水滴が溜まっていたり最近カビ臭く感じたりすることがあるのであれば、どこかから雨漏りしているかもしれません。

雨漏り調査は簡単にできると思うのはダメ~リスクもある~

雨漏りの予防策や簡単な修理であれば自分で行なうこともできます。しかし、すでに雨漏りが発生しているということであれば、自分たちの知らないところで被害が拡大しているかもしれません。雨漏りの調査をするにしても屋根に上らなければならないので、落下してしまう危険があります。雨が降っている時は尚更です。もし、自分一人では危険だなと思ったら無理せず業者に調査や修理を依頼するようにしましょう。

特殊な方法で雨漏り調査ができる

目視調査や散水調査は自分でも行なうことができますし、当然業者も行なってくれます。しかし、業者は他にも色々な方法で調査を行なってくれます。ここでは業者だからこそできる調査方法をご紹介します

業者が行なう手の込んだ雨漏りの調査方法

  • 発光液調査
  • 赤外線カメラ調査
作業員男性

発光液調査とは、雨水が浸入していそうな場所に発光液を流し込んで、屋根裏から紫外線を当てて調べる方法になります。この発光液は紫外線に反応して発光するという特徴を持っており、発光液が漏れていると、雨漏り箇所と特定することができるでしょう。赤外線カメラ調査は、住宅の温度差を見て雨漏りしているかを調べるという方法です。他の部分と比べて極端に温度差がある場合は、異常がある証拠なので雨漏り箇所を容易に発見することができるのです。